介護脱毛はじめませんか?

目次

介護脱毛とは?ミドル世代から急増中です。


介護脱毛とは、【自分の老後の将来を想定し、介護される立場になった際に、介護者の排泄介助作業(清拭や排せつ後のふき取りなど)の負担を軽減できるように、あらかじめVIOの毛の脱毛をしておくこと】です。まだまだ現役のミドル世代40代から50代60代の方のVIO脱毛が急増しています。

排泄介助時に起こるデメリット要介護者・介護者の両者にとってのデメリット


アンダーヘア(陰毛)の毛量が多い場合や毛質が硬い場合にはとくに、排泄に関して介護者、要介護者の両者に負担や問題が起こりやすいと言われています。

①軟便や下痢便の時は陰毛に便が付着し毛に絡まりやすく、洗浄してもすべてをキレイに除去できない場合がある。
→不衛生となり、こびりついた便が皮膚のかぶれや肌荒れ、炎症の原因となる。
→便などがついた陰毛の洗浄は毛を引っ張られるなどの負担があり時間がかかる事によりストレスにもなる。
②陰毛が長く伸びていて絡みやすい状態だと皮膚のかぶれやすく、ムレて炎症が起き、異常にも気づきにくくなる
③陰毛が多い状態でおむつを使用すると、雑菌が増殖しやすく、悪臭が発生する

介護脱毛によるメリット些細な事でも毎日の積み重ね


人生100年時代と言われ、今の年齢に関わらず誰しもに訪れる、長い老後の期間。100歳まで生きると過程したら私達の老後と言われる生活は何年間になるのでしょうか?何歳まで健康な体を維持できるのでしょうか?何歳まで働けるのでしょうか?
そして、何歳から何年間の要介護の生活になるのでしょうか?

排泄はほぼ毎日の事です。毎日の排泄介助を不愉快にならないために。介護者・要介護者の両者の負担を減らす事は将来の自分にとってもメリットが大きいのではないでしょうか?

■介護脱毛のメリット
①排泄介助時の清拭の負担が軽減される
→時間も短縮され、恥ずかしい思いをする時間も短く、毛が絡まり痛い思いもしない。何より清潔を保つ事ができる。
→介護不要で自分で排泄できる場合でも、陰毛がない方が自力で清拭できる。
②炎症や感染症の予防になる
→陰毛がない事でムレずらくなり、炎症や感染症も起きづらくなる。また皮膚の異常にも早く気付く事ができる。
③悪臭の軽減
→陰毛がある場合と比べると、ない場合の方が雑菌の増殖を軽減する事ができる。比例して悪臭も軽減される。

セルメンで介護脱毛するメリットは?白髪でも脱毛できる最新マシンです。


メリット
白髪でも脱毛可能な最新マシン

早い方だと、40代から陰毛にも白髪が生える方もいらっしゃいます。医療脱毛やIPL脱毛の病院やサロンでは黒色に反応させて照射する方法ですが、セルメンが導入しているSHR脱毛マシンは毛穴の毛包に反応させ、照射していくマシンのため、白髪・金髪など黒色の色素が薄い場合でも効果を発揮します。毛包がある毛であればすべてに反応するという仕組みです。50代、60代、70代になっても介護脱毛を始められます。

メリット
セルフだから恥ずかしくない

40代50代以上のお客様のアンケートで、セルフ脱毛を選ばれた理由として、「羞恥心がない。」という回答が多く見受けられます。脱毛するためでも、VIOを他人に見せなくてはいけない、という事に抵抗のある方が多い世代なのかもしれません。脱毛完了まで羞恥心なく、介護脱毛できます。

メリット
カンタンな操作で脱毛

セルメンの脱毛マシンはセルフ脱毛に特化して製造された最新マシンです。そのため、とにかくカンタンです。初回に操作方法などを丁寧にご説明し、2回目以降はご自身のペースで照射して頂けます。

メリット
セルフだから低価格

まずは初回体験をお試しください!!初回体験が低価格なのはどこのサロンも同じだと思います。当店は2回目以降も通いやすい都度払いや回数券をご用意しています。高額なローンなどは一切ありません。介護脱毛でVIOのみの場合は毛量にもよりますが脱毛放題5分・もしくは10分のプランがおすすめです。

メリット
完全個室・完全予約制

完全個室、完全予約制のため、他のお客様と重なる事はほぼありません。コロナ感染防止対策も徹底しています。人目を気にする事なく通って頂けます!! お客様のプライバシーは守られます。

店長イシムラ

介護脱毛、是非ご検討ください!!要介護状態にならない時点でも、排便の際に自分で清拭する事が困難になる、、というのは自分でも想像できていなかった事です。自分もVIO脱毛やっていますので、何か不安な事や疑問な事がございましたらお気軽にご質問くださいね!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる